ishikinomori

兵庫県西宮市 ishikinomori ヒプノセラピスト yamaのブログです ヒプノセラピーセッションのお申し込みはホームページからどうぞ→ishikinomori.wix.com/ishikinomori

豊かさ でかいソファを買うのか 手ぶらで生きる 

 

LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵

 

高城さんの本。本の最後に

「2020年は手ぶらになっているかも」と書いてあった。

いやほんとに、そうなっていても不思議じゃない世界。

 

高城さんの本を読んだあと

部屋のインテリアのアイデアにと

図書館でたくさん借りてきた

クリエイターの部屋がたくさん紹介されている

「おしゃれなライフスタイル本」を読んだ。

 

たくさん素敵なものが置かれてる部屋は

豊かさの象徴のようで

今までだったらワクワクして

夢が広がる感じで

かっこいい部屋だな、こんなソファ欲しいな、

こんな家電あるんだ、かっこいい!次はこれ買いたい!って

なってたんだけど

高城さんの本を読んだ直後だったからか

そんな衝動はなくなってしまった。

 

先日、IKEAに行ってソファが欲しくなった。

大きくて、これなら家族四人座れる!

リビングにもギリギリ置けそうなサイズだ。

 

大きなソファは居心地がいい。

ペットショップに行くと子犬や子猫も可愛い。

きっと癒されるなあと思う。

家に帰っても犬との生活を妄想したりする。

 

けど何か買うと

そのメンテナンスやお世話も

必ず一緒についてくるんだって

最近よく思うようになった。

 

ソファの話に戻ると

勢いで買いそうになったけど

結局、とどまって

買うかどうかまだ迷ってる。

 

置くスペースも買うお金もなければ迷わない。

「ある」と迷うんだな。

 

そんなことを考えていたら

こんな本が目に入った。

 

手ぶらで生きる。しぶ

 

1995年生まれ。家具も家電もない四畳半の部屋に月2万円で暮らす。

ほしい物は何でも手に入れる、

超裕福な“マキシマリスト"の家庭で育つが、

中学進学と同時に、父親の自己破産が原因で両親が離婚。


「ほしい物が買えない自分は不幸」と

毎日金のことばかり考える思春期を送る。


19歳のときに一人暮らしをしようと思い立ち、

Googleで「冷蔵庫 なし」と検索した瞬間から人生が一変。

必要最小限での生活に目覚める。

現在、福岡で家賃2万円、生活費を入れても月7万円で幸せに暮らす。

財布も持たない。私服は制服化。1日1食。

時間も思考も人間関係も最小限。


お金や物以外にも、よりストイックにミニマムに自分を整える。


ミニマリストブロガーを牽引する、新世代の悟り系ミニマリスト

 

目次も興味をそそるものだった。

・四畳半ワンルームに家賃2万円で住む

・床で寝る

・月7万円で暮らす

・財布は持たない

・「限定物」ではなく「定番物」を買う

・出口戦略を考えて買う

・「1日1食」で生活する

・食欲を「腸」でコントロールする

・中毒性のある食べ物を避ける

・自分の時間を幸せにしてくれるものを選ぶ

・荷物はコンビニでしか受け取らない

・「物の消費=時間の消費」であると知る

・大切な1%のために、100%集中する

・「お金・時間・空間・管理・執着」の概念をなくす

・「顔がわかる人」からの情報を手に入れる

・60万円以上は貯金しない

・「恩の奴隷」にならない

・利益をもたらす人間としか付き合わない

 

全部共感!!!というわけではないけど

「荷物はコンビニでしか受け取らない」

とか

きになる。なんで?なんか、いいの?

 

この著者は20代。

若い世代はこんな人が増えてる気がする。

お酒を飲む人も減ってるらしいしなあ。

 

こないだ読んだ

稲垣えみ子さんの本を思い出した。

寂しい生活 稲垣えみ子

 

 

昔は広い部屋に住みたかったし

新居を選ぶときにも

広ければ広いほどいいと思っていたけど

生活していくうちに

広ければ掃除も大変なんだとわかったりもした。

年数が経てばあちこちメンテナンスしたり

お金ももちろんかかる。

 

さて!

 

IKEAの大きなソファを買うのか

買わないで逆の方向?に行くのか

今わたし瀬戸際です!! (笑)

 

風通しの良い小さい明るい部屋。木の床。

無印の脚付マットレス(今も使ってる)に

白いシーツがかかってるだけ。ぽつん。

とかいいなあ・・と思ってしまう。

そこで転がる、本を読む、眠くなったら寝る。

シーツだって毎日洗えそうだ。

エアコンも家に一個ならお手入れも

苦じゃないぞ。

あとは小さいテーブルと椅子があれば

ごはん食べるとき便利かなあ、とか。

 

しぶさんの本はまだ読んでないんだけど

読んでみたいなあ。

まずはブログを熟読してみよう。

 

ミニマリストしぶのブログ

 

物を持たないことも

いいことばかりとは限らないんだろうけど

わたしは減らしていくことで

もっと減らしたくなったし

どんどん「軽く」なってきてるから

この生活スタイルは

自分にはかなり向いてると思っている。 

大きな災害のたびに

わたしの価値観が

あたらしく変えられていってるように思う。

 

「豊かさ」の定義は

今、どんどん変わっていってる。

 

それではでは!

ishikinomori  yama