ishikinomori

兵庫県西宮市 ishikinomori ヒプノセラピスト yamaの日記 ヒプノセラピーセッションはishikinomoriサイト(ishikinomori.wixsite.com/ishikinomori)にて受付中です。

冷えとりをして起こった9つのこと

 

冷えとりについて、もういっちょ。

 

冷えとりをはじめたのは確か30代半ばごろでした。

きっかけは「真性ケロイド」という皮膚病(?)になったことでした。

胸にできた虫刺され跡が全然治らなくて皮膚科に行き

ステロイドなど使いましたが良くならず、

むしろその部分だけが隆起し、どんどん大きくなっていきました。

いくつかの皮膚科に行きましたが全く良くなりませんでした。

最終的に

「これは『真性ケロイド』で、治らないし大きくなっていく」と

お医者さんに言われ、薬も治療もやめました。

 

そんな時に本屋さんで出会ったこの本。

「冷えとりガールのスタイルブック」

 

お、かわいい本。そのままレジへ。

ここからわたしの「冷えとり」がはじまりました。

 

「出す」という考え方。 

それまでの

「薬でとりあえず抑えて一見楽にする、みえなくする」

という方法ではなく、生活習慣を変えることや体質の改善による

「根本的な治癒」を目指しました。

 

冷えとりを通じて

症状というのは治癒のために起こっている、ということや

健康な人間に元々備わっている

自然治癒力」というものを知ることができました。

 

きっかけとなったケロイドの跡はまだ残ってるけど

だいぶ薄くなってきました。

この体験のおかげで冷えとりに出会えたんだよなあ・・と

鏡で見るたびに思い出します。 

「これが本当の「冷えとり」の手引書」

(冷えとりの講座にも何度か行きました。

本は何種類か出版されていますが幸恵さんはいつもこの本を持参しておられました。

冷えとりするなら進藤先生の本は必ず手元に。

なんども読み返すことになるからです。特にめんげんの苦しい時。お勧めの一冊です!)

 

「冷えとりをして起こった9つのこと」

(もうすぐ8年目/主に半身浴と靴下の重ねばき/食事は普通というか生野菜を食べたりもしてる^_^;わたしの場合です)

 

①体温が1度上がった

35.7℃→36.7℃に

 

②白髪が減った

始めた頃30代半ば、ちょうど白髪が増えてきた頃でした。

今はどんどん減ってて白髪染めもしていません。

髪の毛も艶が出て、乾燥しなくなったように感じます。

 

アレルギー性鼻炎が治った

子供の頃からアレルギー体質で掃除や服の整理などをすると

くしゃみと鼻水と目のかゆみが止まらなくて一日中しんどかったです。

今は大掃除しようが何しようが全く出なくなりました。

 

④化粧水が不要になった

肌が乾燥しなくなったのでお風呂上がり何もつけません。

冬場だけは口周りと頬のあたりが粉を吹いていたのですが、

それも冷えとりを続けていくうちになくなりました。

ファンデーションなど化粧のりも良くなりました。

 

⑤足の裏が綺麗になった

若い時からずーーっと市販の足裏クリームを塗ろうが、削ろうが

足の裏が乾燥していてカチカチ!だったのですが

冷えとりをしただけで、いとも簡単に乾燥なしのツルツルに。

魚の目も全くなくなり綺麗な足の裏になりました。

あのクリームやグッズはなんだったんだー。

 

⑥イライラしなくなった

これははっきりと変わります。ものすごく穏やかになります。

怒ること、心配したりクヨクヨしたりすることも

なくなっていきます。

 

⑦足がつることがなくなった

夜中によく足がつって目覚めることが多かったのですが

これもなくなりました。

 

口内炎ができなくなった

昔は定期的にできていました。全くできなくなりました。

 

⑨生理が変わった

(生理痛がなくなった/生理周期が一定に/自然のリズムに沿うように)

若い時から生理痛がひどくて

1日目と2日目は痛みで寝こむこともありました。

それが全くなくなりました。

 

生理周期が29日になりました。

 

生理がはじまる日が満月や新月と重なるようになることが増えました。

冷えとりによって毒素が減るにつれ、

からだがほんらいの自然のリズムと同調するようになるようです。

 

経血が出るタイミングが「わかる」ようになりました。

 

生理に関しては色々と改善されました。

不妊や婦人科系のことについてはこちらの本がオススメです。

「女性のための冷えとり」

 

「冷えとりをして起こった9つのこと」代表的にはこの9つです。

他にもたくさん変化がありました。食べるものの好みとか。

美味しい野菜や果物を見分ける感覚とか。 

 

最近思うのは

冷えとりって「毒を出す力」がとっても上がるということ。

旦那が靴下を重ねばきした時、いきなり

蕁麻疹という形で毒が出ました。

(怖がってすぐに脱いでいました。)

その人にとって弱い部分、出しやすい部分、

もしくは昔の持病などのカタチで毒を出してくるようです。

人によってはこんなふうに即出しすることもあります。

それだけすごいデトックス効果があるということです。

 

冷えとりをする前は何もなかったのに

一見ひどくなったように見える時や

これまでの常識で「症状がある=不健康」と感じてしまう方には

いやなこともあるかもしれません。

私も

冷えとりをはじめてから

それまで出たことがない症状が

色々出てきて驚きました。

(鼻血とかめまいとか体の左右対称にできる謎の湿疹などなど)

だけど、からだの中が綺麗になるにつれ

上のような効果が実感できるようになっていきます。

「自分の力で治す」ということの

心地よさを体感するようになります。

 

効果は人それぞれだと思います。

もっと劇的な変化を体感する方も

いらっしゃるでしょうし

数年経ってから

毒だしを経験する方もいらっしゃいます。

体は人の数だけあるし、

その方の溜め込んでる毒の量によっても

違うんだろうなと思います。

 

はじめは怖くていやだった毒出しに対する思いも

どんどん捉え方が変化していくので

平気になっていったりもします。

 

 

それではまた!

ishikinomori  yama