ishikinomori

兵庫県西宮市 ishikinomori ヒプノセラピスト yamaの日記 ヒプノセラピーセッションはishikinomoriサイト(ishikinomori.wixsite.com/ishikinomori)にて受付中です。

大きな毒出し ふたつの変化

 

今回長い長い毒出し。

変化したことが、たくさん!ありました。

そのうちのふたつについて、

今日は書きたいと思います。

 

〜変化その1:運動の習慣〜

 

「痩せてりゃいいってもんじゃない」って

急に気づいて、筋トレをはじめました。

今まではちょっと体重が増えた時なんかに、

「痩せる目的」でやってたことはあったけど、

痩せたらやめてたし、

「あとは食事を抜けばいいや〜」と思ってたんです。

でも(筋肉をつけたほうがいいんでない?)と

なんだか急にひらめいた。

昔からスポーツは苦手なので、習慣的にやってることはなく

やってもヨガくらい。

なのに!

毒が出て行けば出ていくほど、症状が派手なほど、

体はどんどんエネルギッシュで元気になっていって

毎日欠かさず、朝起きてすぐに

筋トレをするようになりました。

  

なぜに筋トレかはわかりませんが

今はそうみたいなので、せっせとやってます。

はじめたばかりなので、まだまだふにゃふにゃですが、

体の軸ができて、自然に姿勢が良くなったり、

なんといっても立つ・歩くが楽に。

今までしんどかったわけではないんだけど、

体に筋肉がつくだけで

こんなしっかりした立ち方や歩き方になるんだ!

って驚いてます。

 

〜変化その2:生菜食の習慣〜

 

それともうひとつ。

この本を読んで、

「生のもの」を多く取るようになりました。 

ナチュラルダイエット―必要なのは3つの食習慣だけ

ナチュラルダイエット―必要なのは3つの食習慣だけ

 

体の中を綺麗にすることができるのは

新鮮な生の果物と野菜に含まれている

生命力のある水だけである。

 

と、この本には書かれています。

考えてみたら、

私、この「(生の果物や野菜からの)水分」

全然摂取してなかったんです。

 

今回の毒だしを体験してる時に

もうほんと辛くて

(もう毒溜めたくないよ〜)って心底思いました。

で、冷えとりで毒が出せるんはいいんだけど

「そもそもの『毒』溜めないようにしよっ」と思って、

 

 「食べ方をいっちょ変えてみるか〜!」

 

・・・となったわけです。

 

そんな時に読んだのが、上でご紹介した本なのですが

「生野菜や果物は体を冷やす」と思っていたし、

なかなかチャレンジする気が起こらなかったのです。

 

が!

ここ1年ほど

ピチピチの朝採れたて自然農法お野菜を

食事に取り入れるようになって

だんだんだんだん・・変わってきた。体が。

「なんか・・生で食べたい!!」って体が言ってくるというか、

頭の方は(イヤイヤ冷えるでしょ)とかいうんですけど

「このまま、フレッシュなまま

生でいただきたい、新鮮なままがいいのじゃ〜」言うんですわ・・。

(こないだの宇宙マッサージの時みたい)

 

それで、とうとう食事の全体量の半分くらいかな?

「生で食べる」というのを、実験感覚で

楽しくはじめております。

 

思った通り、生で食べると本当に美味しくて、

体もクリーンな感じ。お腹の調子もいい感じ。

午前中の「排泄の時間帯」は果物のみを食べ、

昼と夜は生野菜サラダから食べるようにしたり

タンパク質とでんぷん質を

同じタイミングで摂取しないようにしてみたり

しています。

 

この本の著者はハーヴィ・ダイヤモンドさんというかた。

この本のほうが有名みたいです。 

フィット・フォー・ライフ ??健康長寿には「不滅の原則」があった!

フィット・フォー・ライフ  健康長寿には「不滅の原則」があった!

この本は読んだことないけど

私は上の本の方が好きかなあ。

要点がまとめてあって、わかりやすい。

 

著者はこの食事法をはじめる前、

8年間高血圧治療薬を服用していたそうですが、

その必要がなくなったそうです。

 

他に期待できる効果としては

◎ガンや心臓病などの生活習慣病を予防する

◎スリムでエネルギッシュになれる

◎エネルギーが全身に満ち溢れる

◎あらゆる痛みが取れる

◎視力が向上する

◎脱毛が止まる

◎腰痛が治る

などなど・・。

 

ハーヴィさんの本を読む前から

生菜食やローフードに注目していました。

きっかけは女優の熊谷真実さん。

何かのテレビでお見かけしたのですが

めっちゃ肌が透き通るように綺麗で、若々しい!

何をされてるんだろう?と調べてみたら、

ローフードという食事法を実践されているということでした。

で、ローフードとはなんぞや?となり

この本を読んでみました。 

ローフード  私をキレイにした不思議な食べもの

ローフード 私をキレイにした不思議な食べもの

 

マクロビを長年実践していた方が、

友人の見違えるような変化に驚き

何をやってるの?と聞いたら

「ローフード」と。

 

ローフードに俄然興味が湧きました。

 

考えてみたら

「そのまま食べる」って自然だなあと思うのです。

何も足さなくていいし。

確かに体は洗浄されそうだし、

肌が透き通りそうな気もする。

 

不食の秋山義胤さんも玄米菜食から

生野菜や果物、最後は果物のみという段階を経て

不食になったそうですし

森美智代さんも火を通したものではなく

青汁だけで生きてらっしゃるし・・。

 

玄米もやってみたけど、苦手になってきたし、

いまは果物が美味しく感じるので、

この食事法は向いてるかもしれないなあ。

自分の体に合うかどうかは、やってみればわかると思うので

「筋トレ」も「生野菜多め」も

しばらく続けてみたいと思いまーす。

 

それではでは!

ishikinomori  yama