ishikinomori

兵庫県西宮市 ishikinomori ヒプノセラピスト yamaの日記 ヒプノセラピーセッションはishikinomoriサイト(ishikinomori.wixsite.com/ishikinomori)にて受付中です。

徹底的にやりたいのだ

 

わたしは今年、「自分を生きる」をめっちゃ、やることにしたんです。

(その日の記事です↓) 

今までもやってたけど、

なんというか中途半端。

もうとことん、徹底的に、やりたくなった。

気持ちはそうだけど、かなり盛り上がってるんだけど

実践がついていかない。

小さいことでもできない。怖いよー。って出てくる。

 

「自分を生きる」決めたら、そのあと

いろいろサインやらメッセージがどんどんきた。 

この数日後、happyちゃんがシェアしてくれた

アヌンナキの話がもうほんとにすごかった。

最高に面白い動画だった。

やっぱりすごい情報きたやん!って嬉しかったなー。

 

あの話の中で「メッセージを受け取ってた」の部分が

実は一番響いてて、

自分も受け取ってたことを認められたのが、すごく大きかった。

コンタクトとりたいなあ、チャネラーいいなあ、と思ってたくせに

実際くると「こわ!!なにこのワード!」って思って

受け取ってるのに、受け取ってなかった。

バシャールが本の中で、

「自分たちとコンタクトを取りたいという人に

何月何日の何時に宇宙船で会いにいきますと言ったら

わかりました!と、当日その場所に来るとこまではいくんだけど

実際にバシャールの宇宙船が近づいてきたのを目にすると

怖れて逃げ帰ってしまう」と。

これ読んだとき、わかるーー!と思った。

 

でも、あれから言葉が降りてきたりするのを

素直に受け入れるようになったし、

もう怖いとも思わなくなった。それに関しては迷いがなくなった。

で、自分は受け取ってるんだ、っていうことになった。

受け取ってる、ということにするっていうのは

ものすごくて

受け取ってる、ということにした途端、

メッセージがキーワードだけではなく

もっと長めの文章が入ってくるようになったり

(さっき書いた「あたらしいじぶんをつくりなおす」とか)

カードからのメッセージの受け取り方も変わった。

 

「決める」も、すごいと思った。

 

「自分を生きる」って決める、ということが起こったら

それ用の情報やら材料がワーーッと集められて

そうなっていくようになってる。

 

今やってみてるのが

「自分の思いを叶える」ということ。

 

ある日のわたしの実践。

むっちゃしょうもないです。

ちっさい話ですよー。

 

サーティワンの前を通りかかった。

レーズンバターなんとかっていう新商品のポスターが目に入った。

おいしそう!だけど食べない。サーティワンは高いんだ。

わたしの「おいしそう〜」を聞いていた娘が

「おいしそうって思ったのになんで食べないの?」と聞いてきた。

自分を満たすんだった。食べることにした。

ひとくちめ、おいしい。

そのあと、食べ進めるとそうでもなくて

もうアイスはいいな、って思った。

でも自分の「食べたい!」に答えたからなのか

心が満たされてるのを感じた。

サーティワンは考えてみたら

一年ぶり以上に食べたのだった。

 

そのあと

ステーキが食べたくなった。

今日は肉を買おう!買うぞ!と思った。

スーパーに行ったら、

宮崎産の牛肉が目に入った。

普段だったら買わない、買えない値段。

その隣に、それより少し安いお肉が売っていた。

(こっちでも充分だな。)

お肉売場でじっとしていた。

娘に「どっちが食べたいの?」と聞かれた。

「うーーん、(高い方)こっちは霜降り具合がすごいから

脂っこそうだから・・」

じゃあ、それだね!と言われた。

 

買わないでいい理由を探しているのでした。

脂っこそうとか言い訳したり

ずーーっと、そのお肉の前で言ってる(笑)

本当に食べたくなかったら迷わず

もう一方の牛肉にしてるから。

 

昔、ガラケーを使ってたとき、

周りはほとんどスマホになっていってたけど

料金が高くなるから機種変更しなかった。

でも、旦那とiphoneについて1日中(!)話していた。

スマホはいらないよねえ

別にガラケーで充分だし

電車でスマホずっとみてる人の多いこと!

とか言ってた。

数ヶ月後、とうとう手に入れたら

嬉しくて記念写真撮ってた(笑)

二人ともずーっと欲しかったんだよー。

 

気にしてないことは、一日中喋らないし

食べたくないお肉の前で、じっと立って言い訳はしないよなあ。

 

高いお肉買った日の夕食。最後、気持ち悪くなった。

でも、よかった。

 

ishikinomori  yama