ishikinomori yamaの日記

ひぷのせらぴすと。 前世体験はishikinomori HPまで→ishikinomori.wixsite.com/ishikinomori

コントラスト

 

ワクワクの実践をしてると

シンクロがバンバン起こるし

ふしぎなことやら

ミラクルが連発する。

 

でもコントラストも起こる。

 

コントラスト。

これ、こないだの1ヶ月実験で

実感しました。

 

正直いうとそれまでは

いい気分したり、波動上げたりしてたら

どんどんいいことを引き寄せて行って

気分はアゲアゲになって・・・

っていうポジティブな側面ばかり注目していたんで

「信念のあぶり出し」と書いた

いわゆるプチ困難的なことが起こった時に

(えーーなんでなんで。いい感じやったのに

なにこれなにこれ ワタワタ)

ってなっちまったんですね。

 

でもこの信念のあぶり出しやら

困難っぽいことというのは

意識がシフトしていく段階で減ってはくるものの

ゼロにはならないそうなんですね。

 

なんでかというと「コントラスト」というのは

願望をはっきりさせるためにあるので

「拡大」していく上で必要なのだそうです。

 

平坦な体験を望んでいる魂は

凄く辛いことは味わわないかわりに

逆に大感動!も味わうことがないらしいです。

  

どちらが「お好み」かはわからない。

その人がどんなシナリオを書いてきてるか。

  

怒りや恐れなどのネガティブな感情が出て来たら

「いやだ!」って思いがちだけど

結局これらも自分の内側で起こっていることだから

それらに抵抗することは「自分を否定」することになる。

コントラスト(困難や挑戦)は

願望をはっきりさせる時には

当然通るプロセスなので、コントラストを体験したら

いいことの前ぶれだ〜と思ってたらいいと思う。

辛いときは辛さの感情を味わっていいと思うし、、

「味わいに来てる」っていうのもありそうですしね!

 

あっちの世界(生まれる前の世界)は

喜びだけの世界だから

コントラストがないそうです。

だからその経験も楽しみにきたらしいです。

忘れてるんでそんなこと思えませんけど。

自分に戻るとその感覚を思い出すみたいです。

そうなると困難の中にいても

別の感覚(ポジティブな感覚)も同時に

芽生えたりするのかな?と思っています。 

 

中学生の子供がこんなことを

言ってました。

先生に怒られてるとき

すごい嫌なのに

そんな自分(の状況)が好き、と

感じてる自分もいた、って。

 

波動は少しずつ底上げされているので

怒りや恐れというネガティブな感情は

徐々に感じなくなっていくそうです。 

 

これほとんどバシャールの話です。

最近はほとんどバシャールがお手本です。

そこにエイブラハムとエックハルト・トール

混じってる感じです。

 

the PLANET from NEBULA

最近、よく読んでいるバシャールのブログです。

このブロガーさん、本当にすごいと思います。

毎日更新されていて内容が濃い。

バシャールとつながってはるのだろうか。

 

ってリンク貼ろうと思って

今このサイトに行ったら!

今日の記事「コントラスト」についてですやん!!

どまんなか!

本当に今日の記事?って何回も日付見ちゃいました(笑)

うおー、シンクローーー。

 

それではまた♪

12月16日(土)オラクルカードワークショップ

ishikinomori  yama