ishikinomori

兵庫県西宮市 ishikinomori ヒプノセラピスト yamaのブログです ヒプノセラピーセッションのお申し込みはホームページからどうぞ→ishikinomori.wix.com/ishikinomori

からだもおへやも「捨て捨て」進行中

 

基準が「禅寺」だと

なかなか捨てが進む。

 

これオークションとかに出したほうがいいよな

これまた使うかもな

これいるかも

 

・・・でも

とりあえず捨てよ!!

 

今回はゴールのハードルが高いせいか

とりあえず行こ!ってなもんで

ずんずん捨てが進んでおります。

 

それが気持ちいいーー。

 

「せいっ(ゴミ袋に入れる時の気持ちの効果音)」

 

執着を断ち切れた時の

この感じ。

 

なかなか捨てれないのって大したもんじゃなくて

いつか使うかもな「紙袋」とかなんですけどね。

使いそう・・でも・・捨てる!!とりあえず、いっとく!

 

捨てるのを経験するほど

日常でもあらゆる事柄に対して執着がなくなっていくんです。

目の前の世界と自分とが繋がっていると

手っ取り早く感じやすいのが

掃除ですね。

 

あーー、自分が「禅寺化」したいです。

それでせっせとやってるのかもしれません。

 

綺麗にしなきゃ、じゃなくて

すっきりしてるのが心地よくて

ただただ、今はこれをやることが好きなので

やってて気持ちいいんだろうなあと思います。

 

ワクワクすることってなんでもいいんだと思うんです。

例えば「なんだか今は節約が最高に楽しいっ!」ならそれでもいいと思う。

 

掃除が楽しい時っていうのは

単純に「変わり目」っていうこともあるけど

自分の意識や心の中も

整理整頓されてきているから楽しく感じるのだと思います。

類は友を呼ぶ。

不要なあれやこれやがなくなって

内側がさらにシンプルになっていってるのを感じます。

 

しばらくすると溜まる。また整理する。

でも年を追うごとに物は確実に減って行って

捨てる時も決断が早くなっています。

そうして「そんなに物っていらないんだな」と学んだりもしています。

冷えとりと一緒だ、と気づいたりもします。

からだの整理整頓である「めんげん(毒出し)」があるたびに

からだの中の毒(不要なもの)は確実に減っている。

 

今、めんげんも同時進行中なんです。掃除衝動とかぶるのは毎度のことです。

夜湯たんぽ入れてお布団に入ると、右側だけ湿疹が出ます。

首からはじまって、だんだん下へ、最後は足。

痒い時は掻いたほうがいいので掻いてます。そのほうがよく出ていく。

寝ている時は毒出しが盛んになるのと

右側ってのは根深い重い毒が出ていってるらしいです。

 

根深い重い毒よ、さようなら〜♪

って夜中に思ってました(笑)右側だけへんな湿疹出てんのに

喜べる心があるのは冷えとりのおかげです。

 

玄関に8袋のゴミ袋が見えます。ゴミ出してきまーす。

 

ではでは〜

ishikinomori  yama