ishikinomori

兵庫県西宮市 ishikinomori ヒプノセラピスト yamaの日記 ヒプノセラピーセッションはishikinomoriサイト(ishikinomori.wixsite.com/ishikinomori)にて受付中です。

おいしく感じるもの

 

 

頭で考えるのではなく、からだが自然に欲するので、

何を食べたらいいかは自分でわかります。

 

(中略)

 

ところが、このサイクルが崩れてしまうことがたまにあって。

あまりにくたびれているときは、体の声も聞こえなくなるし、

自分に甘くなって、つい適当なものを食べてしまったりする。

 

そうすると次の食事も適当になって、ずるずると悪い方へ行ってしまう。

「悪いものを食べると、悪いものが食べたくなるんですよね。

悪いものが悪いものを呼ぶ感じがする」と言ったひとがいましたが、

「そうそう。それは私も感じる」って。

 

おいしいから食べるのではなく、なんとなく食べている自分がいて、

そういうとき、わたしは体調を崩す直前なのです。

 

有元葉子 「使い切る。」レシピ p86 わたし流「食の立て直し」。より

 

 

悪いものを食べると、悪いものが食べたくなる。

食べすぎが食べすぎを呼ぶ。

 

これ!わたしも最近、感じます。

 

理研究家の有元葉子さんはこの「連鎖」が起きたときは

一旦断ち切るために食事を抜く。そうして一旦リセットすると

翌日から

良いものをほどよく食べる正しい食事のサイクルに戻るそうです。

 

f:id:myboom:20170915121908j:plain

(キラリーン。これは最近ハマっている自然農のお野菜たち。うみゃい!)

 

夏の終わりに久々にしんどい毒出しもあったもんで

冷えとりでもなかなかできなかった「食べ方」に興味が湧いて

ゆるーい「食べ方実験」を自分のからだを使って、やってみてます。

子供の時から大好きだった

パンや小麦粉、インスタント食品、コーヒーやお菓子を

習慣的に摂取するのをやめてみたり(実験中でもたまに食べてますけど 笑)

朝は抜いて一日一食か二食にして、量も軽くして

毎日お味噌汁とごはんを食べて。野菜多くして。

 

夏休みは朝からエクレアとコーヒーとかだったんですけど(てへ・・)

甘いものを減らして

「お味噌汁とごはん」を基本にしてみると調子がいいし

自然と味覚が変わってきました。

スナック菓子が脂っぽく感じたり。

お酒も弱くなってきたり。

 

といいつつ

こういったことは何度も経験してて

暴走する→体調崩す→あー立て直そう→質素になる→調子が良くなる→

暴走する→体調崩す→まただ!立て直そう→質素になる・・つづく・・

 

でも前と同じ暴走具合にはならず

徐々に改善されてる(気がします)

これまた「三歩進んで二歩下がる」みたいな感じで。

 

お味噌汁とごはんを基本にすることで

少しは味覚が変わってきたのか

こないだ神戸に娘とお出かけ行ったんですけど

外ランチなのに珍しく二人とも

ごはん&味噌汁系が食べたくなりまして

元町の「haus diningroom」さんに行きました。

 

haus diningroom

  

平日の日替わりランチ。900円。

ごはん、味噌汁、サラダ、漬物、ひじき煮物、高野豆腐、

メインは鳥の天ぷらに大根おろしだった。

・・・・めちゃくちゃおいしかった。

「おいしい・・めっちゃおいしい!」と何度も連発するわたし・・

hausさん、神戸に行ったら毎回行くかもしれない!

こういうのこそが「ハレ」の食事なんじゃない?って思えるくらい

えらくおいしく感じました。

(もちろん、hausさんが相当おいしいお店だからなんだけど。)

 

わたしの中に、いつの頃からか

 

ご馳走(贅沢)=焼肉、ステーキ

たまのご褒美=スイーツ

ストレス解消=お酒

 

っていう公式があったので

外食や贅沢や自分にご褒美といえば

無意識にそれらを選んでたんですけど

ほんとうの自分にとってのご馳走って

実は違うのかもしれん・・と思ったりしています。

 

「食べ方実験」は(たぶん)しばらくつづく・・ 

ishikinomori  yama