読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ishikinomori

兵庫県西宮市 ishikinomori yama の日記。ヒプノセラピーセッション。私の知らない私に会いにいこう。一発描きイラスト。意識の世界、思い込みは世界を変えるについて。ホームページは ishikinomori.wixsite.com/ishikinomori です☆

「卒業」したラブハちゃんに思う 

 

 

宇宙の真理野郎(←玲桜さんが名付けていた 笑)happy師匠率いる

happy軍団(勝手に呼んでます)の

ラブハちゃん、今日で「だるクラ(講演会)」最後だった。

 

 

↑ 風鈴ちゃん自分の講演会ドタキャン happy軍団恐るべし。笑。

 

 

 

早かったなーー!

 

 

怒涛のはやさで、人生の「ステージ」駆け上がったラブハちゃん。

今思えば、今月アタマに開催された大阪の「だるクラ」行っといてよかった。

 

 

f:id:myboom:20170305100027j:plain

↑会場にいたゴールドだるまちゃん

 

1日買うかどーか悩んで

 

f:id:myboom:20170307224633j:plain

↑我が家にやって来た日の I am the best ゴールドだるまちゃん

 

 

 

その最終「だるクラ」(札幌)

インスタライブでみれました。

 

とても素敵なお話をしていた。(大阪の時も濃い内容だったんだけど)

今日ライブ配信で聴いたその一部をシェアします。

 

ラブハちゃんは今、33歳だかそのくらいだそうです。

happyちゃんウェディングプランナー時代からのお友達。

 

別府に住んでいた当時 0歳児と2歳児のママでした。

 

どんどん

芸能人のようにキラキラ変化していく友人のhappyちゃんを見ていて

「羨ましい」と思いつつ、自分は田舎に住んでて子供もいる、

今、幸せだからこれでいいやん!

欲を持つことはいけないこと!

ってフタをしてたらしい。

 

あるとき、ラブハちゃんの元を訪れたhappyちゃんから

引き寄せの話をされた時に

「愛ちゃん(ラブハちゃんのこと)の夢はなんなの?」って聞かれたそう。

 

ラブハちゃん

「今、子供もいて旦那さんも優しいし、家もあるし、仕事もある

ユナイテッドアローズのワンピースくらいは買える

旅行も行ける、そんな感じで結構幸せだしな、、夢・・?別にないなー。」

 

って答えた。

 

けど

そこから何だか気になって「夢?私の夢なんだろう?」って一晩考えた。

そんなこと考えたことがなかったから。

 

「夢・・・私の人生。今30歳。

これから旦那さんが定年の60歳くらいまで勤めて

だいたい給料がこれくらいまで上がって・・退職金がこれくらいで

子供もこうなって・・収入から考えてこうだなー。

60歳くらいで旦那定年したら世界一周旅行くらいしたいな。

んで孫が生まれて・・88歳くらいで死ぬかなーってとこまで予想できた。

 

これをイメージした時にドラマの最終回を先に見た気がした。

 

最終回がわかってるドラマ。

このドラマの第4話見たいと思います?

 

私見たくない。何てつまんないんだろう!嫌だ!!と思った。」

 

 

(ぷぷっ。なんかこのくだりおもしろかったんですけど。)

 

 

で。

 

そこから色々悩みつつ

とうとう、覚悟決めて

そのとき憧れてたやりたいこと、全部やっていった。

 

happyちゃんみたいに綺麗な服着て、講演会してみたい。

だるまの個展ニューヨークでやってみたい。

子育てから解放されてみたいーー。自由に過ごしてみたい。

今まで着たことないようなお店の服、

そんなケタ違いの高い服も怖いけど買ってみた。

 

そんなやってみたかったこと

それらを、ぜーーんぶやってみた!

初めはこわごわ。ちょっとずつ。ちょっとずつ。

まず留守にしたことない家をあけ、旦那にガクブルで頼み・・。

 

とりあえず全部やってみた結果、ラブハちゃんわかったそうです。

 

人前に出るのあまり好きじゃないし、

講演会で喋るのも、そんなにやりたくない。

ブログ書くのもやりたくない。

 

思い返せば子供の頃は根暗だった。

社交性は後から必死で身につけた。その方が褒められるから。

引きこもりのゲーマーとかテスト0点とか絶対ダメ!

社交的でいい会社に入ると喜ばれた。

だから

散歩とかゲーム三昧とか

漫喫行ったり

好きな漫画を全巻読む!とか

ホントはやりたいけど

「意味がないこと」だからやらなかった。

 

ゲーム好きだったのに大人になるにつれて

「ん?ドラクエ全クリして何か意味があるんかい?

金になるんかい?自分の成長に何か役立つのかい?」って思うようになった。

 

いつしか

自分にとって「身にならないこと」

「成長しそうにないこと」は、やらなくなっていったそうです。

 

   f:id:myboom:20150718071153j:plain

 

 

happyちゃんに会って

「人生とは気分がいいこと、やりたいことをやり続けること。

その積み重ね、繰り返し。

いい気分で楽しんでいたら、どこからともなくアイデアが降ってくる。

そうしたらそのアイデアから来た「ふと」に従って、またそれをやればいい。」

 

と言われたそう。

 

そんなことやってるうちに、

ピカソ(ラブハちゃんの夢)に繋がっていくんじゃないですかと。

 

(これ、宇宙法則的な夢の叶え方です) 

 

 

ラブハちゃんは自分自身に

引きこもりのゲーマーでOK。

根暗でOK。

子育て苦手、家事できないでOK。

そうやって自分に「無条件のマル!」をつけてあげられたら

すごく楽になったそうです。

 

そうすると怖れがなくなって

貧乏神(笑)ついてたのに

お金なくなっても大丈夫、

何がなくても大丈夫でしょー、ってやっとなってきた。

  

ラブハちゃんは短期間でものすごい変化を遂げた。

 

節約節約で

毎日(!)通帳記入していたくらいだったのに

お金の縛りはもちろん

他人からの評価や

いろんな怖れから解放されていった。

 

この考え方を教えてもらったことで

とーーっても楽になって、本当に感謝してる。って言ってた。

 

 

    f:id:myboom:20150718071245j:plain

 

「自分軸」で生きていけるほど

心強く、幸せなことはないと私は思う。

 

あと、夢を持つのは何歳からでも!って言ってた。

壱岐のおかみさんは70過ぎてる。

夢は?と聞くと即答で出てくるらしい。(何か忘れたー 笑)

 

 

おかみさん

happyちゃんのウェディングドレス着てたもんな^ - ^ 

 

 

なぜか、この生き方に憧れる。

 

無茶苦茶で

怒られそうな生き方だけど、

前回の記事の

WANIMAさんの歌詞のように

「正しいより、おもしろい」ってとこに惹かれるなあ。

 

 

今日のライブ配信見て、

また「怖さ」が少しなくなった気がします。

 

ラブハちゃんのおかげだ。

 

楽しそう、

思いついたら、やってみて。その繰り返し。

 

「怖さ」がなくなると、どんどんチャレンジしやすくなる。

 

トライ&エラーなんだな。

 

 

ではではまた〜♪

 

 

ishikinomori  yama

 

 

 

 

 

広告を非表示にする