ishikinomori

https://ishikinomori.wixsite.com/ishikinomori 兵庫県西宮市 ishikinomori ヒプノセラピスト yamaの日記です。イラスト描き。冷えとり7年目。断捨離好き。7月8月はヒプノ個人セッションキャンペーン中です。

辻仁成さんの「息子に贈ることば」で、のほほんとする。

 

 

おはよう。今日が一日、君にとって良い日となりますように。辛いこともあるけれど、楽しいこともありますよ。日々というのは、その繰り返し、ということなんです。いいじゃないですか、よしとしましょうか。じゃあ、いってらっしゃい、ただいま、おかえりなさい、いただきます、そして、おやすみなさい! 

 

 

起きたかな?どんな朝?このところの僕の口癖は「よしとしましょうか」です。前はうまくいかないときはいつも「まっ、いいか」でした。どこか投げやりだった。それを「よしとしましょうか」に変えたら、不思議とネガティブにはならなくなったよ、つまり、気の持ちよう。ま、よしとしましょうか。

 

 

多分、今日ぼくが確実にすること。ご飯をたべる、用を足す、何かについて考える、メールをチェックする、小説を書く、誰かのことを心配する、歌う、腹筋をする、子供の送り迎え、寝る、起きる、エレベーターに乗る、空を見る、微笑む、コーヒーを入れる、それを飲む、誰かに挨拶する。そして、笑う、かな。

 

 

息子が自分の手相を見ながら、これは神様が押したスタンプのようなもの、と言いました。それから2人で手相を覗きあいました。パパの手、しわくちゃ。ぼくの手、つるつる。葉っぱみたい。

 

 

辻仁成さんの「息子に贈ることば」より〜

 

 

辻さんのこころのつぶやきを

あつめた本。

 

ひとり息子の「十くん」への本。

 

読みはじめて、すぐ

うわ〜いい本だな、と思った。

はじめの10ページまでだけでも

心地いいことばが

こんなにある。

 

綴られていることばは

のほほんとしてる。

けど、ひとつひとつに

息子さんへの愛情を感じる。

肩のちからを抜いて生きていけよ、みたいな。

 

読ませてもらってるわたしのほうも

ほやーんと抜けて、あたたかくなる感じ。

 

辻さんは

いまを丁寧にみつめて生きてるんだな〜

 

わたしも

いまをもっと大切にしよう!

 

最近読んだ中で

一番かもしれんです。

 

いい本に出会えるとうれしい

 

それでは、ありがとうです^_^

 

ishikinomori.wix.com yama