読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ishikinomori

兵庫県西宮市 ishikinomori yama の日記。ヒプノセラピーセッション。私の知らない私に会いにいこう。一発描きイラスト。意識の世界、思い込みは世界を変えるについて。ホームページは ishikinomori.wixsite.com/ishikinomori です☆

なぜか心地のいい言葉 安心する言葉 

 

 

先日の記事にも書きましたバシャール。

 

チャネラーのダリル・アンカは1987年に初来日ということだから

もうバシャールが出現?して30年くらいですから

ご存知の方も多いかと思います。

 

彼がチャネリングしているのは

「宇宙人」である、バシャールという知的生命体からの情報です。

↑この「まとめ」好きです。これを読めば「バシャール」のことがわかります^^

 

 

そのバシャールの言葉。

 

私が好きな言葉はいくつかあるんですけど

そのうちのひとつはバシャールが「マントラ」として紹介していた

 

状況は問題ではない。

 

「私」のあり方だけが問題だ。

存在の在り方だけが問題なのだ。

 

という言葉です。

 

状況=起こること、は中立(いいも悪いもない)で

捉え方だけが「問題」をつくる。

すべては意味づけをする「私」次第。

 

引き寄せや心屋さんの本を読んでいても

同じようなことを言ってくれているのかなあと

結局、同じところにたどり着くのかもしれないなあ、と感じます。

 

「引き寄せ」でも意識的になる前と後では、

物事の捉え方が大きく変わりますもんね。

どんなことでも、いいほうに意味づけを与えるのが上手になったり、

いいことを見つけることが圧倒的に多くなったりしますよね。

 

バシャールの

 

「状況」は問題ではない。

 

「私」のあり方だけが問題だ。

存在の在り方だけが問題なのだ。

 

この言葉は声に出して言うと、さらに効果があるそうです。 

試しに一週間だけ、朝、鏡を見ながら言ってみてください。

初めはこの言葉の意味がわからなくても

日に日に実感していき

 

あるときに

 

うわー・・

・・めっちゃ楽やん 何?この感じ 

 

めっちゃ、ワクワクする〜〜!!

 

というような

内側から湧いてくるワクワク感と

それまで感じたことのないような解放感を味わえます。

 

 

f:id:myboom:20161022160508j:image

 

 

バシャールの言葉で一番有名なのは

「ワクワクして生きる」ということ。

 

自分が感じるワクワクの方向にいけば間違いないよ〜

ワクワクは方向を示してくれる。

それは、他の誰とも違うことかもしれない。

何に繋がってるかわからなくても

一見、役にたたなさそうなことでも

ひとつひとつのワクワクをひろっていく。

(自分が、いい気分になったり、なんか好きだなあと思うことを

毎瞬毎瞬選択していく。引き寄せの「いい気分を選ぶ」みたいな感じ)

 

 

ワクワクは人生をスムーズに運ぶ「道しるべ」

 

見つけたら

 

f:id:myboom:20161022160519j:image

 

 

ワクワクの方を選んでみる

 

それを繰り返していく

 

 

 

f:id:myboom:20161022160524j:image

 

 

こうして

「ワクワク」が「道しるべ」になって

 

 

f:id:myboom:20161022160528j:image

 

 

ここに繋がってたのか!っていう

おおきい「ワクワク」にぶちあたる!

 

 

 

「宇宙人」というと現実離れしているようで

「なんだそれ」って

それだけでシャットアウトしたりする方も多いかもしれませんが

私は不思議とバシャールの本は抵抗なく読めたんです。

 

なんで抵抗ないんだろう?

 

もちろん私も

なんでもかんでも抵抗ないわけではなく

トンデモ本で怪しそう!と思ったりとか

オカルト色の強いものは苦手だったり、というのはあったし

宇宙人系も昔なら「アウトーー!!」だったのですが

年取ったせいかな?なぜかバシャールはすんなり。

 

バシャールをきっかけに他の宇宙人系も平気に?なりました。

引き寄せの法則」のエイブラハムも宇宙人だし・・。

 

なぜ抵抗ないのか?

謎ですけど

でもそれはそれで良かったな、と思ってます。

 

「宇宙人だから」っていう理由で本を読んでなかったら

このバシャールからの言葉も知らなかったかもしれません。

 

こういうことも

どれが正しい、というのはなくて

自分が心地いいと思えるものが

自分にとっての「いい言葉」だと思うので

 

それが

 

宇宙人の言葉でも

心屋さんでも

村上春樹さんでも

五木寛之さんでも

 

となりのおっちゃんでも

 

なんでもいいんだと思います。

 

「わー、なんか気分がよくなるなあ」

 

その人の全部の言葉が心地よくないといけない、ってわけでもなくて

 

 

いろんな思想の本とか

たくさん読んでると、なんだかわからなくなる時ってありませんか?

私はあったので

そのときに

 

「自分が心地いいものが、自分にとっていい言葉」って

 

思うことにしました。

 

 

私の場合は

「起こることに問題はない」

「物事の捉え方しだいだよ〜」っていう言葉を聞いた時

なぜか心地よかったんですね。

 

だから「採用」した。

すきなものは自分にどんどん取り込んでいく。

 

正しいかどうか

真実か嘘か、よりも

そのときに「あー こうだったらいいなあ」と自分が感じる言葉。

 

私の好きなエックハルト・トールもですね

こんなことを言ってくれています。 

 

何かが起こった時、「問題だ」と反応する声を無視して下さい。

起こる出来事に意味づけを与えるのはあなただけです。

 

何かに対して幸せな意味づけをすれば

「幸福な出来事」となります。

 

エックハルト・トール

 

 

 

ありがとうです

 

それではまた〜

 

 

  

ヒプノセラピーということばにピン!ときた方は

ishikinomori ホームページをご覧ください。

「ishiki no mori」

 

今日の記事、「おもしろかったよー」という方

下のランキングボタン、ポチッとよろしくおねがいします

 

いつもありがとうございます ♪ 

 

ishikinomori   yama

 

    

  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

 

 

 

 

 

広告を非表示にする