読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ishikinomori

ishikinomori セラピスト yama の日記。引き寄せで人生変わって現在は宇宙法則実践中。4月のイベントはバルでのグループセッション、happyちゃんDVD上映会、引き寄せ・宇宙法則系をカスタマイズした個人セッションやってます。古い価値観や固定観念&常識を超えた軽やかな「次世代意識」へゴー。ishikinomori.wixsite.com/ishikinomoriまでお気軽にどうぞ★

くるみの木 石村由起子さんの「私は夢中で夢をみた」を読んで

 

こんにちは!

雨ですね〜  さむいさむい

 

今日は本の紹介です

 

奈良にある「くるみの木」というカフェをご存知ですか

石村由起子さんが1984年に始められたお店で

関西だけでなく全国からお客さんが訪れる超有名店です

 

わたしは2度ほどいったことがあります

人気なので待ち時間はとても長かった覚えがありますが

とても素敵なところでした

待ってる間、かわいい雑貨を見たりお洋服を見たりできます

ランチもとても美味しいです

 

「秋篠の森」というゲストルームも行ってみたいのですが

子供が宿泊不可なのでこちらの訪問は

いつかにとっておこうと思っています

 

        f:id:myboom:20150718071422j:plain

その石村由起子さんの本、

私は夢中で夢をみた―奈良の雑貨とカフェの店「くるみの木」の終わらない旅

には「くるみの木」オープンまでの経緯や

その後の様々な思いが書かれているのですが

お店をオープンするまでのエピソードが奇跡的なのです

 

わたくし なんどもなんども読み返す部分でございます

 

その部分を少し紹介しますと・・

 

専業主婦だった石村さんは何か資格が欲しいと思い

主婦業の傍らインテリアの店でアルバイトをしながら

店舗設計の専門学校に通っていた

 

ある日いつも通る道すがら、線路脇に咲く美しい紫陽花が目に飛び込んできた

挿し木したい」と思い数日後にそこの建物にいってみた

 

するとそこはとある会社の作業所だった

そこで事務員さんとお話ししているうちにある光景が浮かびあがってきたそうです

 

世間話という感じで「ここ、いいですよね」と言ったら、

「そう?どこが?」と驚かれました。

「だって可愛いですよ、建物が。

こんなところでお茶を飲んだり、ケーキを食べられたりしたら・・・

そんなお店があったらいいですよね」。

 

建物を眺めていたら、なぜか、突然、

頭の中にそんな絵が浮かんできたんです

   「私は夢中で夢をみた」より

 

そうして話しているうちに石村さんが

11歳の時に日記に書いた夢のことを思い出したそうです

 

大人になったら、おじいちゃんもおばあちゃんも、

子どもたちも、みんなが来るような、

自分のお店を持ちたいです。

 

その名は「くるみの木」。

   「私は夢中で夢をみた」より

 

この日記には絵もつけていたそうなのですが

ふしぎなことにこの建物とそっくりだったそうです(!)

 

いきなり行ったこの建物でイメージが浮かび

おまけに「今月いっぱいで出る予定だから」と

事務員さんがなぜかすぐに大家さんに案内してくださったそうです

そしてこの日のうちに

お店をやると決心してこの場所を借りることになったのだそうです

 

たった1日のお話しです

 

f:id:myboom:20150718071408j:plain

 

そして

 

石村さんは「くるみの木」のオープン後

たくさん事業を展開されていくのですが

久しぶりにホームページを見てみましたら

「奈良生活デザイン室」というものもスタートされていました

こちらはお店ではなく企業や地域の夢をかたちにする活動で

店舗運営ディレクションや空間コーディネイトをされるそうです

 

もともと専業主婦のときに専門学校に通われていたくらい

店舗設計などにとても興味があったと本にも書かれていましたから

その夢も叶ってる・・・!

(店舗設計に興味があったけどお店をやりたいとは

はじめは思ってなかったそうです・・!)

 

     f:id:myboom:20150718071114j:plain

 

そのとき何のためにやっているのかわからないことがあったとしても

まわり道してるように見えても

すべては無駄がなくて

ちゃんと巡り巡ってその先の何かにつながっているんだな〜!って

石村さんのエピソードを読んでワクワクしました

 

石村さんはピン!ときた

自分の思いに沿って行動されてるように感じました

 

(突然お店をやりたいなんてなんでこんなことになったんだろう)

堅実な生活設計と全く違う方向へ進んでいると感じ

自分の行動に対して不思議に思ったこともあったそうです

そして親戚や家族にも「うまくいくわけがない!」と反対されたそうですが

「でもそれでもやる!」と

 

このパワーはすごい・・

でもやることが決まっているといってしまうんですね

きっと・・とまらない

 

自分の直感に沿って前に進んでいって

子供の頃に描いた夢を叶え

いまも

「やりたいこと」をどんどんやって

ずんずん進む石村さん

 

本を読んでいたら

また「くるみの木」に行きたくなってきました

あったかくなったらランチ食べに行こう〜 ^ - ^

 

ヒプノ個人セッションはこちらから yama   ishikinomori  HP  http://ishikinomori.wix.com/ishikinomori