読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ishikinomori

兵庫県西宮市 ishikinomori yama の日記。ヒプノセラピーセッション。私の知らない私に会いにいこう。一発描きイラスト。意識の世界、思い込みは世界を変えるについて。ホームページは ishikinomori.wixsite.com/ishikinomori です☆

冷えとりでいう「少食」って?

 

5年前から実践中の

冷えとりのおはなしです

 

冷えとりをすると「少食」になります

 

わたしも冷えとりをはじめてから徐々に減ってきました

 

必要な量がわかりどれを食べたらいいかがわかるようになります

「たべかたの直感力」が上がる

 

スーパーに買い出しに行っても

献立を決めずに食材を見て

そのときの直感で買うものを選ぶようになりました

 

      f:id:myboom:20150718071153j:plain

 

 

わたしのめんげん(好転反応)の場所は

足首、足の甲の痒みや膝痛、目、口周りの湿疹など

消化器や食べ過ぎの好転反応ばかり

 

消化器が弱いというのは意外でした 自覚症状がなかったのです

(後に森美智代先生のところでも胃が弱いとご指摘があり遺伝もあると言われました)

それに食べ過ぎというよりもともと少食の方だったので

これまた「?」です

 

いまで食べ過ぎって

これ以上減らしたら食べなさすぎじゃない?って

思っていたのですが

 

進藤義晴先生の万病を治す「冷えとり」生活療法―冷えは万病のもと

実際に食べておられる食事の例が載っていました

万病を治す「冷えとり」生活療法―冷えは万病のもと

 

私は、玄米飯にのりだけという食事が半分以上です(一回茶碗一杯)

           

             (中略)

 

おかずは、海藻(わかめ)と豆(大豆が主)だけで、

カロリー、ビタミン、ミネラルなど十分に摂れるので

(もちろんこの二つが冷えとりに一番適した食べものです)

この二つを主にしています。お金もかからないし、手間もかかりません。

 

        f:id:myboom:20150718070641j:plain

 

シンプル!

 

 

 

これを読んで今までのわたしの「少食」の基準が変わりました

 

先生の食べ方からすると私は大食・・!

先生は食べたくないときは何日か抜くこともあるそうです

でも体は元気で遠出もでき仕事もしていたということでした

 

 

 冷えとりの本を読んでいると

食べなくてもパワフル

というか

食べない方がエネルギーが出るようです

 

冷えとりを始めて

これまでの固定観念

どんどん崩れていきました 

ガラガラガラ・・

 

 

三食食べないといけないと思ってたのはなんだったん?

 

 

以前は一食でも抜くとフラフラになっていましたが

固定観念が変化しだすと不思議と平気になってきました

 

確かに食べなくても元気です

 

 

         f:id:myboom:20150718071245j:plain

 

 

 

食べ過ぎない目安は「よく噛むこと」だそうです

 

よく噛んでゆっくり食べれば自然とお腹が一杯になる

そこで止めれば自然な量ということだそうです

 

          f:id:myboom:20150718071408j:plain

 


ヒプノの師匠であるアイクミコ先生のブログにて昨日

冷えとりの記事をご紹介いただきました!

こちらです(ハッピー♪ラッキー☆ ダイアリー 冷えとり、その後

 

こちらの記事のご友人のように

もちろん合わない方もいらっしゃると

おもいます

相性というか

タイミングもあるとおもいます

また違う時期にやってみると

しっくりきたり

効果を体感できたり

 

冷えとりはそのひとが

「やりたいと思ったとき」の方が

効果が出る気がします

 

 

進藤先生のお嬢様で

現在「冷えとりアドバイザー」である

進藤幸恵さんも

冷えとりを始めて7年経って

大きなめんげんが出たそうです

(こちらの本のインタビューにありました)

 

冷えとりガールのスタイルブック (ナチュリラ別冊)

冷えとりガールのスタイルブック (ナチュリラ別冊)

 

 

3年間下半身全体に湿疹が出て(それは子宮内膜症の毒出しだったそうです)

何度も病院に行こうかとくじけそうになったとありました

 

でもお父様に「毒出しだから掻いて出せ」と言われ

薬もなしでひたすら掻いていたら血も出るわで大変だったそうですが

あるとききれいに跡もなく治ったそうです

 

こうして

出るものは 抑えない もどさないのが

冷えとりの考え方です

 

3年とはほんとうに長いですが

毒を溜めた分だけ毒出しにかかるということもあるそうです

 

とはいっても毒の出方も人それぞれ

湿疹や靴下の穴があかない方もいますし

他の症状だったり

気づかないうちに「気」のかたちで出て行ったり(これいいですねー)

色々です

 

      f:id:myboom:20150718071422j:plain

 

 

私もなんどもサボったりやめようと思いました

 

 

めんげん(好転反応)が辛いときや

靴下を重ねるということが不自然に思えてきたり・・

めんどくさくなったり

 

        f:id:myboom:20150718071114j:plain

 

 

でもその度におおきな好転反応が起こり

結局、半身浴や靴下や湯たんぽで回復して

また冷えとりの効果を思い知らされ

戻るという体験をしました

 

冷えとりと縁があるみたい・・?

 

健康法というよりも

もう生活の一部になってきてるので

まだまだ続きそうです

 

できる範囲でしているというのも

継続の秘訣かもしれません

 

冷えとりは「完璧にやらなくても多少はいい」

というところがあるので

わたしはそこがいいところだと思ってます

 

 

ヒプノセラピーサロン「ishiki no mori」個人セッションなどなどについては

お気軽にお問い合わせくださいね

ホームページはこちらです http://ishikinomori.wix.com/ishikinomori


 

 

 

 

 

広告を非表示にする